2018年03月15日

二時間の計

実家のネットが最近専ら繋がりにくくなっている。

母が思いのほかスマホやらネットTVやらyoutubeなどを観るようになっており、それはそれは何事も興味・関心を持っていただくことは何よりで。

そんな中でのネットトラブル、そりゃストレスMaxでしょうな。

そして、何とかしたいがためにNTTなどに電話し、あれやこれやと言われるがまま、やりくりしたようで、先方お得意の持久戦に精も根も尽き果てた様子。

たまたま寄る用事があったので行ってみると、二回戦が開戦されていたようで、参戦コマンドを入力されてしまった。

互いに譲らない状況、一方が「悪い」と認めた時点で試合が終了してしまう、この事態。

お客さん先でも代行で電話をでることあるけど、やはり最低でも二時間近くはかかるので、いつも「二時間の計」と言って、お客さんに伝えるようにしています。

たいがい最初は問い合わせ先が違うとたらいまわしにされるのがおちで、先方の攪乱戦術に強制介入させられる。

そこをじっと耐えクリアした先には、情報戦術チームが待ち受けており、しかも強烈なマニュアルという兵法書を携えている。

この兵法書を持っていると、少々経験の浅いキャラでも、レベルアップしてしまうのでたちが悪い。

一方でこちらはいわゆる丸腰で、すっぴんのたまねぎ戦士みたいなもの。

もうゲーム感覚でひたすらコンティニューを押す感じで二時間を耐え得ると、相手もメンタルダメージを被り、隙を見せ始めるのである。

今まで溜め込んだコンボゲージをここで一気に開放し、畳みかけ勝負をかける。

すると相手は隠しコマンドを入力し、いきなり事態を収束に向かわせ強制エンディングへと突入するのである。

果たして本日は残念ながら二時間の持ち時間がなかったため、途中棄権であったが、なんとなく原因は分かってきた。

またその原因の裏どりをやってみよう、いってみよう!!!

  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 23:58Comments(0)

2018年03月15日

設立10期目に際して

2018年、早や3月、毎度のことながら日々の速さにはフレッツ光を感じます。

今期ですが、ウェブティ株式会社は設立して10期目を迎えます。

自分的にちょっとビックリだったり。

10年、同じ業態で継続することは、一般的には困難かも知れません。

企業名は同じでも業態変化をしたり、模索をして変化するところは多いと言えます。

そんな中でウェブサイト制作1本でやってこれたことは、大きな意義があるのかも知れません。

そして、この10年で巷でのいちばんの変化は、やはりスマホの登場でした。

ホームページを見るという行為を劇的に変化もしくは進化させたのは、紛れもなくスマホの存在です。

そう思うと、アップルのジョブズさんは世界の在り方を短いスパンで変えてしまった凄い人だったのではないかと。
※決して信者ではありませぬ。

ホームページは新たな時代へと突入し、その分需要が加速して行きました。
見る側も提供する側も双方、多大なメリットを授かることができるようになったのです。

さて今後の10年どうなるでしょうか?

世界では次なる新たなデバイスの存在を静かに待ち受けているのでしょうか。

最近徐々にですがスマートウォッチが浸透しつつあります。
スマホとの連動性の高い時計、必然的にその利便性に人々は魅かれていっているようです。

各言う僕もiphoneとアップルウォッチを装備するようにしています。
着信時の気づきはこれまでの比ではなく、ほぼ確実に着信に気が付きます。

高級腕時計メーカーも、やはりスマートウォッチを出すようになって来ています。

浸透はまだまだこれからも知れませんが、AIスピーカーも登場していますね。
しかし、このアイテムはまだ生活の中での地位確立に至っていないようです。
今後どのような在り方なのか、問われるかと。

ウェブティですが、そんな中で今後はハードウェア部門を強化していきます。

何故か、それはユーザー様が自分たちに本当に必要なPCは何なのか分からない状況に置かれていることが多いためです。
昨今はITによるインフラ充実でオフィスの在り方は劇的に変わりつつありますが、その良さを充分に生かせていないところも、まだ多くあります。

結果的にそれはホームページ運営においても、そのクォリティを下げることになるので、それであればそういったところもサポートすることで、
より一層の快適なIT活用ができるようにフォローしていくことが重要なコンセンサスになると考えています。

またwindows10以降、PCの故障が多く見受けられるようになりました。
取り扱うデータ量の増加に伴い、ハードディスクなどの故障割合は増加の一途を辿っています。
故障=データ消失は、企業にとってダメージです。
それを食い止めることも重要な要素となります。

お蔭さまで、ハードウェア部門の取り扱いは前年比よりも格段に伸びており、現場のニーズに合わせた提案をすることの需要の高さを再認識しています。

業務用PCなどは、今後もしばらくは必要なものとなるので、しっかりとサポートできるようにし、信頼を獲得していきたいと思います。

  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:37Comments(0)