2015年05月06日

2015年4月 新年度

年度で行くと、4月は新年度となります。

ウェブティでも、4月から新卒(女性)が入社しています。

はい、ここでいつも感じることは、ついつい「自分が新卒だった頃どうだったろうか?」と思うことです。

これはつまり、エジプトの古代文字にある「最近の若いもんは、、、云々」に繋がります。

言い出すと切りがないものだったりで。

だから、僕は切りがないものだし、それ自体が生産性のないものであると考えています。

新卒なので、当然出来ないシーンは多々あります。

先輩スタッフにも伝えていますが、「自分たちもそうだけど、気づきのある習慣を身に付けて~~~」と伝えています。

いくら指導を行ったところで、やはり最後は自分自身がそれに気づいて行かなければ、成長性はないのかな~っと思うわけで。

果てさて、個人的にどうかと言うと、うすうす感づいているものの、言われてはじめて、やっぱりそうだよね、、、。。っと、言っちゃえば「甘え」が内在していることに気が付きます。

これも「気づき」ですね。

さて、僕自身、この「気づき」にどう付き合って行くのか!?

このGW中にNHK連続テレビ小説「マッサン」の総集編がありましたが、この中でいろいろとヒントになりそうなシーンが、、。。!

正直に生きて行くことの大切さと困難さ、、、いつの時代も変わらないが、、、そんな「マッサン」を観てのウィスキー「余市」は、まさに哀愁漂う、只者ではない味わい深さを堪能できるのでした!





  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:33