2013年05月23日

やや時々にして、初心忘れべからず!

お客さま先へ訪問するとき、やはり仕事以外のコミュニケーションは重要なコンセンサスで、思いのほか大きな糧となることがあります。

今回もそう思うことがあり、人はどうしようもなく両極端になりがちにして、自身がそれに気づくことなく盲目になりがちであることを気づかせてくれたように思います。

こうした時、人はやはり他人を介して自己を省みる存在であることを強く思います。

省みるとき、自身をどこまで客観的に見ることができるか、これも個人の人間性もさることながら、その後の糧となるボリュームが決まってくるでしょうか。

どうしようもなく受け入れ難い現実もある訳で、我を通すか否か試されます。

社内のスタッフを通して見ていても、それを感じることはありますが、自身を省みて他人の意見に耳を傾け、自身へフィードバックさせる。
そんなシーンに遭遇することがしばしばあります。
自身への葛藤は当然にしてあったでしょうが、受け入れるキャパシティを持つことで、次のステップへと成長して行っているのでしょうか、そう思い信じたくなります。

さて僕に限っては、何かしらしでかした際には、常に初心に戻るよう心掛けています。
仕事を始めた当初は、自分はもっとこうしていただろと、妥協のない自分を思いイメージします。

会社の歴史が長くなるとともに、自身の成長もどうしようもなく求められる訳で。
どのような成長が会社に取って、自分に取って必要であるのか、今まさに考え続けながら、その瞬間瞬間にベストな答えを導きだしています。

しかし、いつになっても人は人の数だけ、意見というか考え、哲学を持っているんだなと思うばかり。
「はっ」っと気づかされる瞬間がなんと多いことか。

まだまだ大航海は続きます。
高気圧より低気圧でもまれた海人の方が鍛え抜かれているということにて、飛び込んで参りまする!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:33Comments(0)最近、刺激を受けた話