2011年08月30日

個人的にスポーツってやつは、

常に自己との対峙であると思っています。

そして確実に頭を使うと。

今よりも強くなりたい、記録を伸ばしたい、その思いは様々ですが、単に思い我武者羅にやれば良いと言うものでもなく。

今よりも強く、今よりも記録を伸ばす為には、どうすれば良いのか自身に問い掛け考える瞬間があるように思います。

そして、どのような練習をすれば良いのか、そこには常に自分の姿がある訳で、自分にベストな答えを導き出す必要があります。

個人的に柔道をやっていると、そのことを思い痛感します。

確かに自分よりも強い柔道家は多くいますが、そんな中で常に1%でも投げやすくする方法、1%でも投げられ難くくする方法などを、先輩である師範に学びながらも自身にフィードバックさせる為に考えながら反復練習。

また柔道の場合、とかく対戦相手のいるスポーツ全般に言えることかと思いますが、常に相手の裏をかくという動作が発生します。

虚をつき実をつく、うーん、頭を使わないといけないです。

それからワザと相手を誘う、トラップ系、、柔道の場合、返し技に相当します。
「内股すかし」など、それに該当するものかも知れません。
「裏投げ」もそうでしょうか。

しかし、レベルが上がって行くと、今度は「虚の虚をつく」という動作が発生してきますね!

ワザと誘われた振りをする、柔道の場合、「背負い投げ」に行った、相手がそれを待っていて「裏投げ」をしてきた。
そんな「裏投げ」を待って、「大内」で倒す。

常に相手の心理状態を、試合をしながら掌握して行く必要がある訳ですね。

文武両道とはよく言われますが、実に「武」のみでは、決して相手に勝てるものではなく、そこには「文」(頭を使う行為)が必ずしも必要だったのではないかと、勝手に想像しちゃってます。

更に柔道の場合は、個人的にですが、こうしたら相手が怪我をする可能性があるから、止めた方が良い、こうなったら自分が怪我をする可能性があるから、こうした方が良いなど、自他ともに考える瞬間が多くあります。

怪我をするもさせるも、己次第という命題がここに。

そして、総じてそれらは常に「自身を知る」行為へと繋がって行く、そう思い考える昨今です。

そんな柔道をしていて、気が付いたこと、、意外に自分って負けず嫌いだった、、。。
柔道って、ほんと性格がよく出ちゃいますね、、。。

  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 22:32Comments(0)

2011年08月18日

wi-fiブーム!?

最近よくwi-fi、つまりは無線LAN接続の依頼を受けることが多くなりました。

背景にはやはりスマートフォンの普及です。

iphone以外にもdocomo系のスマートフォンをよく見かけるようになり、持つとやはり快適なネット環境を構築したくなるのが道理だったりで!

一般ユーザが利用するにあたり、ネットワークを構築する必要性はない場合が圧倒的に多いので、場所の状況に応じて無線LANルーターをチョイスし、設置するという流れになります。

また、こうすることで来店されるお客さんにスマートフォンを利用した商談も見られるようになってきました。

個人的にもクライアント先で無線LANを設置し、以後は気軽にノートで互いにHPの状況を確認し合えるので、円滑に話が進みやすいですね。

これからスマートフォンを利用したシーンは、ますます増えることは間違いないでしょう。

後はどのような使い方が、使う人に適しているのか、それをアドバイスして行くことが肝要かと思います。

便利なシステムは、世の中にはいくらでもあるのですが、じゃーどのように便利なのかを知るには、エンドユーザーは億劫になりがち。

ピンポイントで提示できる体制が必要ではないでしょうか。

なんかふと思ったけど、簡単に見えるものほど、実は難しかったりで、、。。
柔道で古賀選手の現役時代の背負い投げシーン集があり、見てるととても簡単そうに投げてるけど、実際にはとんでもなく難しいって、やってみてはじめて分かるというもので、、、、っていうか無理です、、、。。。凡人の領域ではないので、、。。


  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 00:08Comments(0)

2011年08月11日

夏風邪

あってはならないことですが、夏風邪をやってしまいました、、。。

こんなことは、本当に久しぶりで真夏に39度近くまで発熱したからには、クーラーつけなくても夏の夜が涼しい感じに、、。。
とても不思議な感覚でしたが、体は異常事態なので、コンディションオールレッド、寝る以外に手段はないというものでした。

行きつけの総合病院に行ったのですが、やはりこの連日の暑さにて体調を崩した人が多いのか、混雑していました。
お約束の待ち時間2時間のフルコースで診察時間5分程度のプレミアム付きでした、、。。
最近の総合病院の傾向なのか、とかく点滴をしないようになってきているように感じます。
「風邪を引く」=「体力が低下している」ので、点滴をした方が内部から良くして行くという意味では、早期な回復を期待できるのですが、点滴のみ狙いの患者さんが増えて来ている実情もあり、余程に重症な人にしかしないのかな?って思いました。もちろん僕も点滴はなしで、普通にPLと解熱剤のみ。
しかし個人的には、結構フラフラでたいへんな訳で、早く仕事にも復帰したい思いもあり、結局開業医のところで点滴をして貰いました、、。。

点滴に対する認識をどのように持てば良いのか、正直分からないのですが、東京では点滴のみを受け付けるサービスもあるみたいで需要は高いようです。

いずれにせよ、体調管理はしっかりやらねばならないことは確かですが、何にせよ、この連日の暑さ、上手に乗り切るしかないですね!

  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 23:37Comments(0)