2008年03月26日

超整理術!



最近、いま何かと話題の佐藤可士和の著作本「超整理術」を読む機会があった。ページ数自体は少なく、いたってシンプルな本ではあるけど、全編に渡り書かれていることは、如何に情報を的確・適切に整理をすることにより、見えてくるものがあるかといったところ。
物事にはプライオリティ(優先順序)が必ずあり、それは情報の分野においても同様であること。
つまり、整理することにより全体が見渡せるようになる。これは、これまで見えなかった問題点が見えてくる可能性を指摘している。そしてそれは、より本質が見えてくることにもつながるといったところだろう。
すぐのすぐには実践は難しいかもしれないが、なんだかすっかり影響を受けてしまって、さっそくオフィス内の必要のないものを片付けながら、整理しながら、スッキリさせてしまった。
ただでさえ狭いオフィスなので、何かとエントロピーが増大気味だったが、これでようやく落ち着いて仕事が!
しかし、まだまだできそうな事は山ほどありそうな…。
WEBサイトの構築においても同様のことが言えるということで、
常に現状を把握するために情報を整理していく。
後はクライアントと情報の共有を如何に果たしていくかも重要な要素だろう。
メール・wiki・チャット、ネットを使ったいろいろな手段が考えられそうだ!

皆さんも一読されてみては!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 03:26Comments(1)最近、刺激を受けた話

2008年03月26日

超整理術!



最近、いま何かと話題の佐藤可士和の著作本「超整理術」を読む機会があった。ページ数自体は少なく、いたってシンプルな本ではあるけど、全編に渡り書かれていることは、如何に情報を的確・適切に整理をすることにより、見えてくるものがあるかといったところ。
物事にはプライオリティ(優先順序)が必ずあり、それは情報の分野においても同様であること。
つまり、整理することにより全体が見渡せるようになる。これは、これまで見えなかった問題点が見えてくる可能性を指摘している。そしてそれは、より本質が見えてくることにもつながるといったところだろう。
すぐのすぐには実践は難しいかもしれないが、なんだかすっかり影響を受けてしまって、さっそくオフィス内の必要のないものを片付けながら、整理しながら、スッキリさせてしまった。
ただでさえ狭いオフィスなので、何かとエントロピーが増大気味だったが、これでようやく落ち着いて仕事が!
しかし、まだまだできそうな事は山ほどありそうな…。
WEBサイトの構築においても同様のことが言えるということで、
常に現状を把握するために情報を整理していく。
後はクライアントと情報の共有を如何に果たしていくかも重要な要素だろう。
メール・wiki・チャット、ネットを使ったいろいろな手段が考えられそうだ!

皆さんも一読されてみては!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 03:26Comments(1)最近、刺激を受けた話