2008年03月05日

WEBの多様化!

50353.jpg
先日WEBサイトにおけるミーティングがあったのだが、
モデルさんやカメラマン、ヘアーメイクさんにコピーライターなど、
実に多種多様な人材の集まりを見せる制作となっている。
いちばんの課題は情報の共有化であり、それはクライアントの
ニーズの共有化も含むことになる。
実にこれがいちなばんに難しいことなのだが、そのためにはあらゆる相互理解の手段を使用・構築していかなければならないように思う。
事件は現場で起きているわけなので、現場でのヒヤリングや雰囲気のイメージ取得は欠かすことができない。
これらを掴んで行く過程で、更なるイメージの膨らみを見せはじめることもあり、洗練されていくことに繋がるだろうか。

WEBの場合は完成後の運営も考慮に入れて、戦略を練っていく必要が多分にあるわけで、単に制作しました、納品しましたでは済まされない時代へ、とっくに突入している!

まーつまりWEB制作会社という業種は、ネーミング的に時代にはそぐわないということで。

アクセスデータの集計・分析、次なる戦略のための仕込みなど行うことは必然的になっているわけで、あらゆる業界・業種に精通しておくことが必要になってきており、そこに顧客ニーズは確かに存在しているってところでしょうか。

と言うことで、「事件は現場で起きてるんだーーー」をモットーに、踊らせていただきます!!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 07:20Comments(0)思うこと