2006年11月22日

テーブルレスなレイアウト!

最近のWEBサイト構築において、やはりテーブルレスのレイアウトはもはや欠かせないものとなってきている。
ただし動的サイトの場合、やはり100%テーブルレスなさ意図を構築することは至難な事だと言える。
しかしながら、敢えてそういったことに挑戦して行くこともまた重要なことであると考え、日々どのような形でテーブルレスを形成していくか研究をしている。
基本的にテーブルレスの場合だと、慣れるてくるとソースが非常にシンプルとなり見やすくなってくる。
また特にインデックスを設ける必要性もないので、テーブルタグのようなインデックスには成りえない。
当然ソースコードも至極シンプルなものになり、全体のソース量の軽減はSEO的にも良心的だし、表示速度の向上(今ではあまり大差ないかも…)が期待できる。

現在はWEB2.0ということでajaxがよく言われているが、これを入れると言うことは、ソースコード中にjavaスクリプトを入れないといけないので、果たしてネット的に優しいコードと言えるのだろうかと少々疑問に思う。以前からあった技術らしいが、これまで回線速度やブラウザの問題でなかなか表には現れなかったようだ。ADSLや光通信が普及してきたことが大きな要因!?のようで、ようやく日の光を浴びてきたと言ったところだろうか。しかし、個人的にはgooglemapやgoogletool以外はとくにその技術を見ることがない…。画面が切り替わらない動作が特徴なのだが、これって案外エンドユーザーが慣れるまで少々時間が必要なのでは??と思う。

さて話は変わり、話題的には古いのかも知れないが、栃木県の二宮町役場のグループウェアだろうかXoopsが導入されているようだ。
http://japan.internet.com/public/news/20060602/5.html
果たしてどのような形でXoopsを導入しているのか気になるところだが、まだまだXoopsのニーズはあるのだと分かる。現在も新バージョンがテスト中のようで非常に活発な議論がされている。Xoopsのメーリングリストに登録しているが、なかなか面白い話題が盛りだくさんで、何気に人間臭さが文中から読み取れたりする。
日本は世界から「なんちゃってオープンソース」とバカにされているので、ここいらで何かしら独自のものを世界へアピールできるようになっても良いのかも!
いつの日か日本から世界へ独自のオープンソースを広めるときが来るか!!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 22:06Comments(0)思うこと