2006年10月19日

大志を抱いて!

まだまだ若輩の己ではあるが、着実に「進歩」という二文字を全身で感じている。
己が限界と感じた瞬間にそれは終わるが、次に何ができるだろうか、どんなことをしようかといった思いと考えが、今の自分を常に支配している。世の中まだまだ可能性に満ちているような気がしてならない!
自分が組織というようなものに属していない今、すべては自分に委ねられる。成功や失敗を日々経験しながら、研ぎ澄まされていく感性があるように思う。将棋でいう一手先、二手先を読む能力だろうか。人と話をしていて「ちょっと待てよ」と立ち止まり、その会話の中に潜む裏の流れを把握しようとする自分がいる。その流れを把握した上で、では今は、もしくは将来的にどうなのだと自問自答する。うまい話はやはり罠が潜んでいるわけで、相手の笑顔ほど怖いものはない…!
「毒には毒を以って返す」、「笑顔にはそれ以上の笑顔で返す」といったところだろうか!
個人的には人に頼るという行為はやらないようにしている。やはり人はタダでは動かないのが世の摂理だろう。その「頼る」気持ちが大きいほど、後から跳ね返ってくる反動は大きなものとなり、時には禍根やしこりを残すことになりかねない!
個人的には己を振り返り「ビシッ」と言えない瞬間があったりするので、もっと度胸と自信をつける必要があると思っている。基本は大きな声で話すことにしている!!つまり気味に話すことは、例え正論であろうとも自信のないイメージを知らず知らずの内に相手へ与えてしまうことになる。あとゆっくりと話すことかな!
今は「分かりました」・「よろしくお願いします」など終盤の会話には勢いをつけて、更に大きな声で話すようにしている。そうすると相手もそうだが自分にも自信が持てるような感じがする。会話の勢いが、そのまま仕事への勢いにもなる!これでお互いの会話がビシッと決まれば文句なしだろう!
今年もあと僅かだが最後まで気が抜けそうにない感じだ!まだまだKeep the fight!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 00:04Comments(0)思うこと

2006年10月05日

表現と構造の分離

最近のWEBサイトはテーブルによるレイアウトから、CSS(カスケードスタイルシート)を中心としたレイアウトへと移行しつつある。
WEBサイトのソースを見てみれば<table><tr>などのタグが見当たらないサイトが増えてきている。
しかし、このCSSによるWEBサイトはブラウザ間により解釈のされ方が違い、更に同じブラウザでもバージョンの違いにより若干の解釈の差異が見られる。
WEB標準化が進んでいるので、時期にこの問題も解決されていくことだろうと思う。WEBサイトを構築する側としては一刻も早くすべてのブラウザで共通の閲覧が可能となることを願ってやまない!
ダイナミックサイトを構築する上では、ファイル形式がphpとなることが多いので、CSSでレイアウトした場合、ある程度表示される画面を予測しながら組んでいく。
この辺もっとレビューのしやすいアプリケーションソフトがあればと思う昨今だったりする。ダイナミックの場合、大概はなんらかのローカルサーバを導入する必要があるので、それが不具合などを起こすと余計な手間が増える。
それでもUSBメモリで簡易サーバが持っていける程になっているので、贅沢も言えないですね。
さてお仕事がんばりましょうか!!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 09:47Comments(0)思うこと