2017年08月21日

8月のお盆も終わり!

今年のお盆は、これまでとは違い特別なものとなりました。

大学時代(愛知県)にずっとお世話になっていた洋風居酒屋のマスターの仏前参り。

約5年前にまだ50歳代で癌とになられ、、。。

僕は日帰りでお見舞いに向かい、マスターとお話しました。
会話をする限りでは、とても死に直面していると思えない感じで、もちろんベットからが起き上がることは困難そうでしたが。
それでも明瞭に受け答えされていました。

そういう意味では癌って肉体を蝕み、一方で精神的な部分は明瞭を保っている、なんだか残酷に思います。

お見舞いから約一か月後、亡くなられた一方が電話で届きました。

自分でも信じられないくらい、男哭きしたのを覚えています。
持っていた携帯を、ほんとドラマのごとく震えて落として。

何かを失ったような、人生の一部分を失った、そんな思いを感じたのです。
何も恩返しができなかったことが悔しかったし、また一緒に楽しく飲み交わすこともできない。

今の僕の状況を伝えることもできなかった。

マスターには大学では学ぶ事のできなかった人間論をたくさん学ぶ事ができました。
もちろん、ときには料理も学んで、あの頃はよくキムチピラフに挑戦して、いつおベトベトになって悔しい思いをしたもので。

それでいて夜遅くまで一緒に悩みを聞いてくれたり、アドバイスをくれたりしていました。
まさに青春だったのです。

お蔭でお酒の飲み方もすっかりマスターしちゃいましたです、はい。

仏前ではその頃も思いが走馬灯のごとく過り、ただただ懐かしい思い出に浸り、そんなマスターとお話ししたような感じでした。

当時の子どもたちもすっかり大人になり、よく駆けっこして二階に上がっていってたっけ。

マスターの奥さんも、相変わらずで昼からウーロンハイ飲んで、僕は芋焼酎をしこたま飲んで、出て来るグラスと食器が当時お店で使っていたもの。
うひゃーでしたよ。自分でもとく覚えてたなーって。

大学卒業して20年、本当に感慨深いものとなりました。

また、いつか行くことを願って。

まーでも岡山から2時間半ぐらいで行けるので、ほんと近くなったなーって。

その後は名古屋に行って、かつての旧友と会い、飲みながらたくさんトーキングしました。

みんないろんな人生を送っている訳で、僕はそんな人生に少しでも触れることができると、どんな話でも美味しくお酒を飲み、最後はお互いボチボチ頑張ろうぜモードっすよ。

日本のお盆の風習を見ると、なるほど故人との関わりをいつまでも大切にしようとする日本の文化なのかなって。
案外他の国々にはそういう風習ないのかな??
どちらかというと神に感謝的なイベントが多いような。
それも良いけど、ときとして個人を偲ぶのは、自身のアイデンティティを大切にする上でも重要を要素なのかもしれませんね。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 02:27Comments(0)思うこと

2015年01月29日

2015年 始動!

皆さん、どうもでございます。

2015年もスタートし、早1月も終わろうとしています。

ウェブティでは、昨年の12月にオフィスを移転しまして、よりスペースの広いところへシフトしました。

まーでも、いざシフトしてみると、あれやこれやと解決しなければいけない諸問題が発生する訳で。
主に社内環境的なことだったりしますが、、汗。

個人的にはこうした内容は、スタッフ全員で考えて行くようにしたいと思っています。

何故なら、仕事をして行く上で業務外の事って、そりゃーいくらでも出てくる訳で、度に会社だけで対応するというのも味気ない話だったりします。

業務とは違う内容での話し合いって、それって案外新鮮だったりするのではないかと。

いろいろ意見交換をする重要さは、既に身を持って知っているおり、世の中無駄なものは何もない訳で。

みんなの持っている思いと意見をすべて出し切った後での、結論は、例えはじめと同じ結論でも、その中身と質は変わっているはずです。

それだけみんなの思いが詰まっている訳であるからして、その思いは物に反映されて行きます。

みんなで考えた結論がどのような結果になるのか、これを見ることも、いろいろな仕事をこなす上で重要な要素だと思います。

っという事で、今年のウェブティのスローガンは、「個々の人間力を高めよう」です。
業務外の様々な事象をこなすことで、改めて自身の業務を見れば、より広い視野を持ってして見ることができるようになっているはずです。

それでは、皆さん、本年もよろしくお願い申し上げます。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:29Comments(0)思うこと

2014年02月08日

成長とは!

会社をスタートし、9期目に突入しています。

これまで多くの方々に、実に様々な事を叱咤激励も含め教えられて来ました。

ここで最近思う事は、これは外部だけの話ではなく、社内でも同様のことを言えることに気がついたことです。

一言で言えば、僕は社内スタッフからの刺激で、いろいろと成長させて貰っているということです。

議論を交わし、ときには衝突や軋轢もあったりします。
真っ向からの正面衝突、互いに自身の立場と相違、実に様々な現象に鉢合わせになります。

しかし、こうした事自体が前へ進もうとする糧に成り得るのではないか、そう思い感じるようになりました。

とくに2013年はスタッフ数が増え、仮にも小規模ながらも組織的なものとなって来ました。

スタッフ一人一人の普段の在り方に目と耳を傾け、より良い方向へとシフトアップして行きたいと思うばかりです。
  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 02:56Comments(0)思うこと

2013年10月01日

社内からクレーム!?

っと言えば大げさなんですけど^^;。

最近スタッフから何かと意見や指摘を受ける事があります。

聞くとそれ自体は、確かにその通りで、改善して行かなくてはならないことばかり。

すぐに改善できそうなことは、待った無しで実施して行くようにしています。

こうした状況を振り返ると、「あー、これって良い状況だよなー」っと、つい思ってしまいます。

ちゃんと僕に対して意見や指摘を言ってくれる、そういう環境が社内に、少なからず出来ているのだと思うからです。

スタッフが内に溜めることなく、もちろん100%ではないかも知れませんが、現状の作業環境に対し様々な思いや考えをフィードバックしてくれています。

僕とスタッフ、そしてスタッフ間でサラッと言える環境、これ、、大事にして行きたいと思います。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 00:26Comments(0)思うこと

2013年06月18日

人生が昇段審査だと思えばこそ

柔道の昇段審査は、一定の修行期間が設けられています。

例えば弐段を取得すると、次の参段を取得するまで、二年間の修行期間を必要とし、その二年が経過すれば参段の昇段審査を受けられます。



以前にもお話しましたが、単に強いだけではなく、強さに応じた人格を磨くためであると僕の中では考えています。

社会に出てからというもの、ふと思い返せば、人生そのものが昇段審査に似ているように感じることが多々あります。

別段キャリアアップとかそう言ったものではないのですが、自分が苦悩している瞬間、「あ〜これって修行なんだな!」って思い感じることがあります。

とある方に「もっともっと今を悩み、苦しめ」と激励の意味で言われたことがあります。
他の方には「まだ、行ける」と。

今まさに修行の身にて、これを乗り越えて行ければ、晴れて昇段する訳であると、自身に言い聞かせています。

果たして今の自分は他者から見ると、白帯!? 茶帯!? 黒帯!? いずれなのでしょうか!???

そして、どの帯色でも共通した大切な事があります。
礼に始まり礼に終わり、基本をしっかりと大事にすること。

でも、ふとした瞬間に上記を失念していることも^^;
これは「教育的指導」ですね、、。。

さて、こんなことを書いていると柔道の昇段審査で、とあるシーンを思い出します。
僕は傍で観戦している側だったのですが、試合で一方が相手に対し完全に腕十字が決まり、躊躇なく関節を極めに行っていました。
やられている方は、声をあげながらタップしていましたが、約数秒間、審判が完全に極まって、完全にタップしているのか両者近くへ移動して見極めていました。その間にも腕は極まって行きます。

やがて審判は正式にタップを認め、試合を止めましたが、やられていた側は、ずっとタップをしていたのに何故すぐに試合を止めなかったのかという表情がもろに出ていました。そして恐らくは腕の関節を少し痛めてしまっている様子で、全治一ヶ月半ぐらいでしょうか。

そして終了にて互いに礼のとき、すねた表情と適当な礼でさっさと退場しようとするその姿に審判は激怒したのです。
「なんだ、その態度は!」っと、もの凄い剣幕でした。未だにここまで怒れる人がいるのかと思うぐらいに。

武道家なら武道家らしく、例えどのような状況でも礼を怠ることは、許されることではないようです。

さて、これが社会であればどうでしょうか?
理不尽な試合は常に起こる訳で、たんびにすねた表情や適当な態度は、返って状況を悪くするようにも思います。

そこをどこまでグッと堪えるか、常に試されているでしょうか。

そして個人的には、グッと堪え切ったとき、「勝った」と思うようにしていますが、果たして如何にやらで!!

判定は周囲の皆さま、そう審判員の方々に委ねるとしましょう!


  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:08Comments(0)思うこと

2013年01月16日

世界を知るには

「インサイダー・アタック」、こんな言葉を目にしました。

主にアフガンでの駐留軍は身内に向けた悲劇。

宗教的な見地の違いから生じることが多いようです。

これを目にしたとき、僕はAMDAは菅波代表の言葉を思い出します。
http://amda.or.jp/

「世界を知るには宗教無くしては語れない」

それは何故かなのか、代表はキッパリ言っていた。
「世界のそれは人が生まれ落ちたその時点で既に宗教が存在・介入している」と。
宗教は常に在るものであり、生活の一部であり、その人のアイデンティティの形成をしている。

故にAMDAが世界の被災地で救援活動をするとき、まずは世界の宗教を理解することは重要なコンセプトであると。

宗教を無視し行動をすることは、それは冒涜と暴力となり、プライドを傷つけることになるとか。

「援助を. 受ける側にもプライドがある」 AMDA人道援助三原則のひとつです。

日本では宗教と言うと、一歩も二歩も引いてしまうところがありますが、途端に世界へ目を向けると宗教は非常に身近であり、自身の一部となっていることが多いことでしょうか。

っとちょっぴり、考えさせられる瞬間でした。
  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:17Comments(0)思うこと

2013年01月15日

ネットオークションは究極のバトンタッチ!?



最近、ネットオークションでの出品にちゃっかり嵌っています。

個人的には、長年使っていないもので、どうせならば今必要としている人へ譲り使って欲しい、そんな思いでネットオークションを利用し始めたのが切っ掛けです。

最初はギターでした。現役時代は何本も持っていたのですが、さすがに今となっては手にあまりメンテナンスもろくにできない状態です。
ギターは生き物と、よく大学時代の先輩に聞かされていました。
なので、このまま放置しておくのは非常にもったいないと思い感じ、捨てるのは簡単なのですが、やはり少しでも弾いてくれる人の元へ、バトンタッチしたいみたいな。

いざオークションをはじめて、落札した人の元へ届くと、ギター初心者みたいで、嬉しいみたいなメッセージを頂いたりして、正直に嬉しくなります。
恐らくは普通にブックオフとかに持って行っても、買い取って貰えないのではないかと思えるものでしたが、ギター自体は非常に良い音が出るので、捨てたくない思いも強かったので、その時の喜びは尚更でした。

ってな具合で、いま現在自分が使っていないもの、今後必要としないであろうものをネットオークションを利用して、いま必要としている人の元へお届けする、個人的には究極のバトンタッチ方法として活用しています。

出品者から落札者へ直接お届けできるので、中間マージンが発生しないのも大きなメリットと言えるでしょうか。
もちろんオークションシステムを利用するので、手数料は取られますが、充分に許容範囲内です。

リサイクル法だとか何かと叫ばれていますが、やはり、いま必要としている人のもとへダイレクトに届けられるネットオークションは、ネットの大きなメリットであると思う訳です。

梱包や配送の手間ひまはありますが、次の人へのバトンタッチを考えると、惜しみなく対応できちゃいます。

電化製品など故障したら捨てるのが落ちですが、実は案外壊れた電化製品でも直して利用したい存在もいるようで、オークションで売れちゃいます^^;。

これ絶対売れないだろ!??っと思うような商品、いやいや世界は広くそれにすら価値を感じている人は大勢いたりするのです。

皆さんも、良ければ一度、使わなくなった、必要なくなった、明らかに不要品などがあればネットオークションを利用してみて下さい。
ちょっとした小遣いになるパーセンテージは高いかもです。

写真は最近のスマホでバシャバシャ撮影すれば、全然問題ありません。
スマホ1台で出品手配できちゃいます。

ネットを利用したバチンタッチ活動、やってみませんか!??  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 02:01Comments(0)思うこと

2012年04月28日

現場の環境構築

インターネットをビジネスで活用するに於いて、必ず発生することは人的操作と時間です。

この操作と時間を案外、都合良く考え「何とかなるだろう」、そもそもスタートさせることのみに意識が行ってしまい、その後の事をスルーしてしまっている。

っといったことが、多くあるようです。

何事もスタートさせるにエネルギーは必要ですが、その後のとかくインターネットは常に現在進行形を伴うなので、何かしら更新や対応という内容が出て来ます。

そこで意外にスタートすると、その事がとんとできない、もしくはできていない事態が発生しているケースによく遭遇します。

サーチしてみれば、現場でのそうした業務に対する構築ができていないことが判明します。

ブログひとつにしてみても、誰がやるかにより、その人にとってPCで投稿した方が良いのか、メール投稿できた方が良いのか、現場でのストレスチェックをしながら、可能な限りストレスレスな状況へシフトさせて行く必要があります。

ウェブ会社は制作はできても、そうしたリアルなシーンに於いて、そうしたフォローサポートをどこまでできるか、ソフトな面が重要であると、僕は思う昨今、云々!!

最近はそれこそスマホやタブレット端末など、キャリアは増加しつつあり、そうした中でのベストなチョイスをしていかなければなりませんね。


  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 23:47Comments(0)思うこと

2012年03月24日

柔道と仕事

27歳から柔道を始めて、早10年が経過しようとしています。
個人的には、何事も始めたからには10年は継続するという信念を持ってしています。

どんな形でも良いから続けること、これは僕自身のとても重要なプロセスな訳で、まだ前進できる自分がいることを、自身に感じることができる訳です。

そして柔道をはじめたことで得たことは、「常に自分が未熟であること」を認識し続けること。
また「他人の痛みを知って、己を理解すること」でしょうか。

これは正に仕事にも通じることで、未熟である自分を認識するからこそ、成長しようとする原動力になる訳で、他人の痛みを知ることで、常にいちばん困るのはお客さんであることを理解することができます。

単に柔道が強い、単に仕事ができる、個人的にはそこに僕は価値を感じることはなく、それ相応に人格が伴ってこそ、はじめて価値は伴ってくるものではないかと。

柔道は昇段後は、しばらく次の昇段を受けることはできません。
3年以上の修業期間が必要になります。
これは、まさしく強さのみならず、己の人格も同時に向上せよという教えに他ならないのではないかと思う訳で。

だからこそ、僕にとって柔道と仕事は=で結びついていると言えます。

っと言うことで、来年はちょっとした動きをすることができればと思っています。

うーん、ちょっぴり楽しみ♪  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 01:14Comments(0)思うこと

2009年05月19日

GWは、

GWですが、僕もお休みをいただきました。

でそんな休み中は何をしていたかと言うと、ずっと柔道の出稽古に参加していました。
日替わりで岡山市内の高校や大学へ参加し、毎日たくさんの稽古をし汗を掻いていました♪

もうとにかく楽しかったの一言です。
現役生を相手にガチンコで柔道できることに感謝!!

岡山大学 柔道部で全国から高校生が合宿にやって来て、二日間壮絶な稽古が、、。。
いろんな高校生と乱取りをやりました。
皆さん、良い面構えで!

そして更にサプライズが、、
柔道の金メダリスト古賀さんが指導に来まして、約1時間ありがたいお言葉をたくさんいただきました。
何と言っても、プロほど基本を大事にしていることですね!
柔道着ひとつにしても、自分で洗い畳んで感謝をする、この心がなくては、とてもじゃないけど良い柔道家には慣れない。
すべてに通ずる言葉のように思いますね。



何はともあれとても充実したお休みでした!!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 09:44Comments(0)思うこと

2009年04月06日

もつ鍋

57576.jpg

先日、スタッフとの慰安・親睦を兼ねてモツ鍋を食べに行きました。

なんか本格的にモツ鍋を食べたのは初めてだったかも、、。。

しかし、季節は春のはずなのに寒いこと寒いこと^^;。

帰りはブルブル震えながらの帰宅でした><。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:45Comments(0)思うこと

2009年03月23日

出稽古!

先週の土曜日は県立一宮高校へ出稽古に参加しました。

岡山武道館からは、僕を入れて4人での参加!

この日はちょうど三年生最後の稽古日だったようで、最後に記念の試合が行なわれた。

在校生と三年生の対決、武道館メンバーも加勢しながら、試合を楽しみました。

と言っても、稽古時間が少なかったので充分に体が動かない状態の自分でしたが、なんとか引き分けということで^^;。

しかし、やはりなんと言っても高校生は、よく動きます。
背負い投げを三連ちゃんでするし、よくあんなに体を回して動けるなと関心してしまいますね!
僕とかは逆にもう空手の用に一撃必殺系ですね、じわじわと相手を攻めて
はい、この瞬間!みたいな感じで確実性を狙ってしまいます。

さてオリンピックでは昨年 井上 康生や鈴木 桂司があまり振るいませんでしたが、やはり30代前後ともなると体よりも気持ちの面で落ち着きが生じて、ここ一番で勝てないのかなと思うばかりです。

達人になってくると無駄な動きはなくなりますが、逆に勝つための信念というか執念というものが、大なり小なり損なわれて行く、そう思えてしまいます。

僕は柔道をやっていてそれを感じます。
多分もっと動けるのだろうけど、怪我をしたらとかそういう守りのイメージが出ているというか、若いときって失敗してもそれを直せる時間がたっぷりとあるから、いろいろ無茶ができるというか。。

30代になると、その守りのイメージ、強く出てくるのかも知れませんね!!

皆さんは如何でしょう!!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:43Comments(0)思うこと

2009年03月16日

別れと出会い!

57313.jpg

年度末です。

岡山武道館でも転勤(二人)ということで、他県へと移動される方々がいました。

最後の稽古を一緒にし、記念撮影!

送別会を行ないましたが、転勤される二人とも岡山武道館で柔道ができたことを感謝されていました。

よもやこの歳になっても柔道ができるとは思わなかったとのことです。

幅広い世代がいろんな意味で現役を続けている武道館の在り方は、僕としても誇りに思います。

柔道を通しての、体を動かす大切さ、ともに気遣う大切さ、継続することの大切さをここで学びます。

これは僕のビジネススタイル自体にリンクし、直結しています。

継続し何を成し遂げようという思いは、これからも失うことなく保ち続けて行こうと思います。

さて、そんな転勤される方がいる一方で、逆に岡山に転勤でやって来られる方もいるようです。
武道館のサイトから見学の問い合せがあります。

別れと出会いが交差する時期、ひとつひとつ大切にして行こうと思います!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:50Comments(0)思うこと

2009年03月06日

岡山ロータリークラブ 記念講演

57202.jpg

先日「岡山RCが創立75周」による井村雅代さんの記念講演を聞きに行きました。

もっぱら北京オリンピックのシンクロナイズドスイミングの話でしたが、ご存知の通り、このとき彼女は中国代表のヘッドコーチでした。
様々な思いを交差させながらも全力でチームを上位へと導きました!

正直この講演を無料で聞けたことは、とても幸運でした。
井村さんのトークはまさに映画のようにリアルで、1時間もこれほど短いのかと思えるほどの感覚。

中国と日本の違いに触れながら、とくに違うところは涙を見せるときだと話していました。

中国の人は悔し涙を見せても、そこで止まらず、泣きながらでも練習を続けるそうです。
もう顔面しわくちゃにしながら、練習を続けるそうです。

日本人の場合、泣き出すと動くのが止まり、しくしく泣き続けるそうです。
そのイメージは皆さんも容易にできるとは思います。
確かに泣くと動くのを止めてしまいますね。
泣きながらも、それに耐えて続けようという思い、昔の日本にはあったのでしょうか?
それともこれが日本の国民性なのでしょうか?
そして、この差はなんなのでしょうか?
ふと、疑問に思いながら、もし自分が同じ場面に遭遇したらどうなるだろうかと思い巡らせますね!

しかし、やはりオリンピック選手!
トレーニングが半端ではありませんね。
朝の9時から夜の9時までみっちりやるそうです。
しかも夜の10時・11時まで続けることもあるとか。
個人的にこれほどの長時間運動をしたことがないので、
どんな世界なのだろうかと、これまた思いを巡らせてしまいます。
柔道12時間、、、できるのかな!???
やってみたいような、、。。
危険かな、、。。??

最後に北京オリンピックでの中国の演技をビデオで見せてもらいました。
中国文化を取り入れながら、自分たちの演技を確立していっている様子がよく伝わってきます!
次回のオリンピック、良い意味で楽しみですね。

そんな井村さんの講演を聞き、もっと自分もやらないとなーって
ポジティブな気分というか考えになっていたし、本当にこんな貴重な講演無料で良いのか??
と何度も思ってしまった。。。

いやはや、なんにせよ感謝感謝です!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 20:36Comments(0)思うこと

2009年02月25日

裸祭り参戦!

57093.jpg

今年も懲りずに裸祭りに参戦しました。

今年は例年に比べて、ただ寒いだけでかなり余裕を持って
出陣できました!

でも寒いものは寒い、、、。。。

境内に入ってからの始めの試練 冷水入浴行進は、
やはりいきなりナチュラルハイにならないと無理。

男だとの雄たけび、嫌、断末魔が響き渡るのですな。

さて本堂では1時間近くも中央でもみくちゃにされながら、
耐えに耐え、いざ宝木をゲットしようと粘ったが、、
今年は触れることさえできなかった。。。
一度ぐらい持ち逃げ、、嫌々、持って堂々と凱旋したものだすな。

それってやっぱりチームワークがいるようで、
なにやら密かに訓練している輩も多いとか。。

いったいどんな訓練をしているのか、皆目検討がつきませぬ。

また来年も、これまた懲りずに挑みまする!!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 22:55Comments(0)思うこと

2009年02月16日

座禅!

先日 自宅近くのお寺へ座禅に行ってきました。

朝の8時から9時までなのですが、冷たいの朝の空気が凛とした緊張感を出し、とても良い感じで座禅ができたように思います。
もちろん本格的な悟りを目指した座禅ではないので、その辺はご了承を^^;。

さてこのお寺では外国人の受け入れを広く行っています。
って言うか、日本人のお坊さんが皆無なのです^^;。
座禅もすべて外国人のお坊さんが取り仕切ります。
意外にビックリだったのですが、異国情緒という意味では、
こういうのはごく自然な事なのかも知れません。

ただやはり仕草のひとつひとつは、外国人それと分かるものがあり、
100%日本人と同じように振舞うことは、難しいというものでしょう。

柔道でも、外国人の方がよく稽古に来ます。
期間限定でも、非常に興味と関心を高くもって練習してくれます。
帰国後は、その国の柔道に通うとか、そういった形の人が多いです。

こうした国際交流、もっと盛んになれば良いのですが、、、
難しいのでしょうかね〜〜!???

さて座禅ですが、これから定期的に行こうと思っています。
夏とかはどうなるのでしょう、、、楽しみです。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:09Comments(0)思うこと

2009年01月22日

継続からの哲学



先日、岡山の起業家が集まる親睦会がありました。

お約束通り各人スピーチがありまして、僕も慣れてないスピーチを。。

いつも思うのですが、なんでもっとうまくスピーチできないのだろうって
つくづく思うわけであります。。

そんな中で、長年社長をしている女性方のスピーチ、、
説得力抜群です。一言一言に重みがありますよ。

長い間 継続し経験したことが見事に昇華され、己の哲学として結びついている、そのように感じてなりませんでした。。。しかもアドリブで、、。

僕も近い将来は、自己を経験を通した説得力溢れるスピーチができるようにしたいと、新たな目標として掲げようと思います。

えっと、しばらくは、、、レジュメ必要かななと。

すみませぬ。。  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 18:49Comments(0)思うこと

2009年01月15日

鏡開き式 in 岡山武道館



先週の日曜日は岡山武道館で「鏡開き式」が開催されました。

駐車場が満車でなかなか車が停められませんでしたが、なんとか^^;。

寒稽古としても最後でしたので、稽古にも参加しました。

早朝の5時過ぎに起きるのも、なかなか大変でしたが、一日が非常に長く感じ、良い意味で充実していました。
早起きは三文のなんとやらと言いますが、違っていませんねー!

それに朝食がたいへんに美味しくいただけ、生きることへの感謝を感じてなりません!!

鏡開き式は、いろいろな武道の演舞が開かれ、最後に参加者みんなで「ぜんざい」を食べ一年の始まりを祝して万歳三唱を!

今年も仕事と柔道、じゃんじゃんばりばりと爆進して行こうと思います!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 21:19Comments(0)思うこと

2009年01月07日

あけましておめでとうございます!

56317.jpg

皆さん、あけましておめでとうございます!

年末年始は如何お過ごしだったでしょうか。

僕は稽古に明け暮れていました。

タイミングの良いことに年末年始と玉野スポーツセンターで
高校生の練成会が開かれていまして、ここぞとばかりに参加してきました。

普段の稽古でなかなか味わえない緊張感ある稽古をすることができました。
しかも稽古時間が圧倒的に長いので、これまたやりがいがあります。
高校の現役生が真剣にやる姿を見ると、こちらもなんだかいつの間にか影響され、互いに気合の入った稽古になります。
稽古後はいつも清々しい気持ちになります!!

今は岡山武道館で寒稽古の真っ最中です。
毎朝6時〜7時まで一週間続きます。
http://okayama-judo.com/

早朝に体を動かすので、仕事もしゃんとしてかなり集中できます!

やはり人間は動かなければいけない動物なんだなーって、つくづく思います。

ご報告ですが、ST-LIVENETは2009年よりウェブティ株式会社として始動して参ります。

より充実したサービスを皆さまに提供できるようになりました。

今後も是非ご期待ください!!

それでは本年もよろしくお願いします♪  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 10:39Comments(0)思うこと

2008年12月31日

2009年に向けて!

今年も本日で終わりとなりました。

振り返れば、毎年毎年さまざまな出来事があり、事欠きません!

ネットの進化は、まだまだ止まることはありません。

その分 進化においては社会の浸透を待たずして先に進む傾向にあるように思います。

そこにあるニーズは確かにあるのでしょうが、それらが浸透するには、即時と言うわけにはいかず、ある程度の浸透を必要とします。

私たちは、そういった部分に対しネットとユーザーの架け橋となるようにしていく必要があると考えています。

2009年は、ますますユーザー視点に立ったサービス提供を考慮しており、痒いところに手が届く存在として、皆さまのお役に立てられるよう務めて参りたいと思います。

それでは皆さま、良いお年を!  


Posted by マコチン@ウェブティ株式会社 at 13:16Comments(0)思うこと